"/>

【OTOCON(オトコン)】民法改正で婚活パーティ参加を18歳から!

投稿日:

【OTOCON(オトコン)】民法改正で婚活パーティ参加を18歳から!

民法が改正され2022年4月1日より成年年齢が18歳に引き下げられました。

これによって、2022年4月1日に18歳、19歳の方は2022年4月1日に晴れて「新成人」となったわけで、18歳以上の人は立派な大人としての扱いを受けることになりました。

 

同時に、この改正によって各業界でも改正に適応すべく様々な対応がなされてきています。

恋活・婚活業界も同様で、サービス提供年齢を引き下げるなどの動きが活発になってきています。

 

婚活パーティー「OTOCON(オトコン)」を運営するタメニー株式会社は、自社主催の婚活パーティーの参加資格を、現状の22歳から18歳へ引き下げました。

また、新成人に対応すべくて18歳、19歳限定で無料の婚活サポートセンターを開設。

これはこれまで同社が培ってきたノウハウを生かし、新成人が感じる恋愛の相談や悩みを解決し婚活を後押しするサービスです。

OTOCON(オトコン)参加年齢を18歳へ引き下げ

恋活・婚活業界は、マッチングアプリやオンラインサービスの普及に伴って、それらツールを使用する「出会い」がとても身近で気軽になっています。

同時に、利用者の年齢層も幅広くなり、特に若い世代の利用率が上がってきています。

 

同じくタメニー株式会社が運営する結婚相談所「パートナーエージェント」でも、入会者の年齢がこの5年で5歳ほど引き下がっているようで、婚活をスタートするタイミングが早期化してきているのだそうです。

そのようななか、今回の民法改正により成年年齢が18歳に引き下げられたことで、若年層の恋活・婚活ニーズが一層高まってくることが想像できます。

 

そこで、「OTOCON(オトコン)」は、婚活パーティー参加年齢を18歳へ引き下げ、さらに新成人層へのアプローチを密にするために18歳、19歳(新成人)限定で無料の婚活サポートセンターを開設するに至りました。

また特別に、新しい出会いの形を体験して頂くために、18歳、19歳限定の婚活パーティーも企画され好評を博したようです。

新成人(18歳、19歳)向けの学びの機会を提供

新成人(18歳、19歳)向けの学びの機会を婚活サポートセンターで提供

「OTOCON(オトコン)」が開設した婚活サポートセンターでは、単純に婚活ノウハウを教える場ではないようです。

新成人=大人といっても18歳といえば高校生活をやっと終える年頃です。

 

親の同意を得なくても、自分の意思で様々な契約ができるようになるということですが、「恋愛」「結婚」については、もう一つピンとこない人も多くいるでしょう。

大人社会における出会いの環境はどうなっているのか、「結婚したい」と思ったときどのような行動が必要とされるのかなど、まだまだわからないことが一杯です。

 

そんな新成人に向けて婚活サポートセンターは、今後自分がどのような人生を歩んでいきたいのかをベースとし、どのような婚活が最善であるのか、よりよい人生を歩めるように学びの機会を提供する場になるようです。

婚活サポートセンターの概要

婚活サポートセンターでは、

  • 「コロナ禍でどのように出会っていいのかわからない」
  • 「早く結婚したい」
  • 「まず今のうちに何をしておけばいいのか」

など、若年層だからこその悩みに関しての相談窓口が設置されています。

また、「OTOCON」においては参加年齢を18歳まで引き下げ、早いうちから出会いの場や情報を提供するとともに、学びや相談の機会も同時に提供することで、安心して婚活を進めていけるようサポートされます。

 

特に「OTOCON」は「本気で結婚したい方が集まる婚活パーティー」という位置ずけで、今後若年層の参加が増えればいずれは少子高齢化という社会問題を解決する一翼になるのかと期待されています。

「OTOCON」を気軽に利用!「au PAY」導入

「OTOCON」を気軽に利用!「au PAY」導入
「OTOCON」は民法改正と同時に、2022年4月1日(金)よりスマホ決済サービス「au PAY」を導入しました。

消費者庁の調査(※1)では20代の73.0%、30代の80.6%がキャッシュレス決済を利用していると回答していて、今や決済にかかせないサービスになりつつあります。

「OTOCON」では、はやくからクレジットカード決済などキャッシュレスに対応されてきましたが、婚活パーティーをもっと気軽に利用できるよう、スマホ決済サービス「au PAY」も導入されました。

「OTOCON」では参加ごとにPontaポイント(※2)がたまるため、「au pay」との親和性も高くなっています。

※1 出典「消費者意識基本調査」
※2 2,000円以上のお支払で100Pontaポイント付与

「OTOCON」で、まずは恋人候補をみつけよう

今回の「OTOCON」のように、今後益々若年層(18歳~19歳)に適応するようなサービスが出てきます。

ただ、上記しましたように新成人に「婚活」「結婚」といっても「私はまだまだ」と思う人が多いはず。

たしかに、これから大学に進学したり社会に出て働くなどで様々な出来事に出会っていくなか、「結婚」といってもそれはまだまだ後回しという人が殆どではないでしょうか。

新成人の人は、「結婚」というよりは、まずは

  • 「気の合う異性を見つける」
  • 「恋人候補を見つける」

という気持ちで「OTOCON」を利用すれば良いのではと思います。

成年年齢引下げ~成年に達すると何が変わる?

法が定めている成年年齢は、「一人で契約をすることができる年齢」という意味と、「父母の親権に服さなくなる年齢」という意味があります。成年に達すると、親の同意を得なくても、自分の意思で様々な契約ができるようになるということです。

例えば、

  • 携帯電話を契約する
  • 一人暮らしの部屋を借りる
  • クレジットカードをつくる
  • 高額な商品を購入したときにローンを組む

成年に達すると、親の同意がなくても、こうした契約が自分一人でできるようになります。また、親権に服さなくなるため、

  • 自分の住む場所
  • 進学や就職などの進路

なども自分の意思で決定できるようになります。

さらに、10年有効のパスポートを取得したり、公認会計士や司法書士、行政書士などの資格を取得したりすることもできるようになります。

また、女性が結婚できる最低年齢は16歳から18歳に引き上げられ、結婚できるのは男女ともに18歳以上となります。

一方、成年年齢が18歳になっても、飲酒や喫煙、競馬などの公営競技に関する年齢制限は、これまでと変わらず20歳です。健康面への影響や非行防止、青少年保護等の観点から、現状維持となっています。

引用:政府広報オンライン

 

記事参照:タメニー株式会社News Release

今人気のマッチングアプリBEST3

当サイトをご覧いただいている方が支持されているマッチングアプリの現在2021〜22年の人気ランキングBEST3です。

クロスミー(CROSS ME)

CROSS ME(クロスミー)

位置情報を利用して近くにいる相手と出会う!画期的なマッチングアプリがクロスミー(cross me)です。出会いまでがスピーディーなのとシステムが簡単で気軽なのも手伝って、会員数も急増!そんな他にないシステムとマッチング初心者でも扱いやすい操作性で人気になっています。

ペアーズ(Pairs)

マッチング業界でも常にトップクラスの人気を誇るペアーズ(pairs)。簡単な操作で始めることができ多くの人と出会えると評判で、登録者数も1,000万人を突破しました。恋人が欲しいと利用する人から、真剣に結婚を考えて婚活している人まで、常に高い人気を誇っています。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ0708

ゼクシィから生まれた、真面目な出会いのためのマッチングサービス「ゼクシィ縁結び」。会員数140万人突破!!累計マッチング数は320万組突破!真面目な交際を求める結婚適齢期世代にピッタリの、安心安全なマッチングサービスです。男女比率は5:5。女性も課金対象のため、本気度が違います。

-HOT NEWS, お見合いパーティ・街コン

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.